HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【富士経済調査】19年一般薬市場は1.8%増‐鼻炎薬のスイッチOTC好調

2019年11月05日 (火)

 富士経済は、国内一般用医薬品の全体市場などについて調査・分析した結果を公表した。それによると、2019年の一般用医薬品の全体市場は、18年市場と比べて1.8%の増加を見込んだ。また同社は、感冒関連用薬、アレルギー用薬、生活習慣病関連用薬、外皮用薬、毛髪用薬、生活改善薬、環境衛生用薬、眼科用薬の8カテゴリー36品目の調査結果をまとめ、注目市場には「スイッチOTCが牽引し好調」として「鼻炎治療剤(内服)、点鼻薬」を挙げた。

 国内一般用医薬品の全体市場などについては、今回調査した8カテゴリー36品目と共に、19年データブックの第1弾にまとめた9カテゴリー40品目の調査結果を追加し、調査・分析したもの。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報