HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

単品単価取引増を評価‐製薬協・中山会長、薬卸連セミナーで講演

2019年11月12日 (火)

中山讓治氏

中山讓治氏

 日本製薬工業協会の中山讓治会長(第一三共会長)は7日、都内で日本医薬品卸売業連合会が開催したセミナーで講演し、医療用医薬品の流通改善に対する取り組みに言及。2017~18年度にかけて、「単品単価取引が大幅に増加したことは成果」と評価した。ただ消費増税に伴う薬価改定が行われた10月以降の状況については、「9月に単品単価契約で妥結した後、下期に入ってから総価取引が行われていると聞いている。単品単価取引の交渉過程が国民目線で不明瞭であり、製薬企業としてもそこは何とかしてほしい」と要望した。

 昨年4月に施行された「医療用医薬品の流通改善ガイドライン」では、卸売業者と医療機関の取引に当たり、原則として全品目で単品単価契約を進めることを求めている。製薬企業と卸売業者の「川上取引」については、医薬品の価値に基づく早期妥結・単品単価契約を目指し、卸売業者と医療機関・薬局による「川下取引」の妥結価格水準を踏まえた上で、適切な一次仕切価の提示に基づいた適切な最終原価を設定するとしている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報