HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【米BMS】米セルジーンの買収完了‐売上高世界トップ10入りへ

2019年11月25日 (月)

 米ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)は20日、米セルジーンの買収を完了したと発表した。セルジーンはBMSの完全子会社となり、普通株式の取引終了に伴い社名は消滅する。買収額は約740億ドル(約8兆円)と製薬業界でも最大級の規模となった。両社の昨年売上高を合算すると378億ドルに達し、世界トップ10入りは確実になる。癌などを重点領域としたグローバルメガファーマが誕生する。

 両社は1月に買収に合意していたが、BMSとセルジーンの株主からの承認や政府当局からの承認を全て取得し、買収完了に至った。吸収合併に伴い、セルジーンが米アムジェンに経口乾癬治療薬「オテズラ」(一般名:アプレミラスト)の権利を134億ドル(約1兆4147億円)で譲渡することになっており、今後速やかにオテズラ売却を完了させ、売却益は債務削減に優先的に充てる予定。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報