HOME > 無季言 ∨ 

2つの「連携薬局」

2019年12月09日 (月)

◆先月27日、改正医薬品医療機器等法が成立した。薬局に関連する内容では、患者自身が自分に適した薬局を選択できるよう、機能別の薬局の都道府県知事による認定制度が導入される。「地域連携薬局」と「専門医療機関連携薬局」である
◆この項目は、2年後となる2021年秋に施行される見通しだ。既に日本医療薬学会は、「専門医療機関連携薬局」の要件である、専門性が高い薬剤師の配置に向けた認定制度構築に動いている
◆一方、二つの「連携薬局」は都道府県知事認定によるもので、しかも1年ごとの更新制となる方向。政令市や中核市に薬局許認可権限を委譲しているケースでは、都道府県は直接的には薬局の実態を掴めていないのが現状で、認定スキームを含めて課題は少なくないようだ
◆認定により「連携薬局」を標榜できるようになるが、患者がこれら薬局をうまく活用できるよう機能の周知にも努めていくことも必要だ。まずは認定に向け、既存の薬局がどのように動こうとするのかにも注目していきたい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報