HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【国際医療AMRセンター】耐性菌で死亡、約8000人に‐国内初の研究結果を公表

2019年12月09日 (月)

 国立国際医療研究センター病院AMR臨床リファレンスセンターは5日、薬剤耐性菌(AMR)による2017年の年間死亡者数が約8000人に上ったとする研究結果を発表した。AMRによる死亡者数の公表は国内初で、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)で4224人、フルオロキノロン耐性大腸菌(FQREC)では3915人が死亡した。同センターは「日本でもAMRが大きな被害を及ぼしていることが明らかとなり、AMR対策の重要性を改めて認識させる結果」とコメントしている。

 今回の研究では、AMRのうち発生頻度が高いMRSAとFQRECについて、17年の1年間の死亡者数を推定値で算出した。MRSA菌血症による死亡者数は、16年の4298人から4224人に減少した。近年の黄色ブドウ球菌血症全体の死亡者数は横ばいで、黄色ブドウ球菌に占めるMRSAの割合が低下していることから、MRSA菌血症による死亡者数が減少した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報