HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【がんセ中央が臨床研究】パネル検査患者に新選択肢‐保険外抗癌剤を適用外使用

2019年12月10日 (火)

国立がん研究センター中央病院臨床検査科の角南久仁子氏

国立がん研究センター中央病院臨床検査科の角南久仁子氏

 国立がん研究センター中央病院は10月から、癌遺伝子パネル検査で治療候補の遺伝子異常が見つかったものの、保険診療の選択肢がない患者に対し、患者申出療養制度で既存薬を適応外使用する臨床研究を開始した。患者は研究費用のみ自己負担で、投与する薬剤は製薬企業が無償提供する。ノバルティスファーマの薬剤が使用可能となっているが、今後製薬企業の協力を募る方向だ。

 癌遺伝子パネル検査は、治療効果がなくなったり、標準治療がない癌患者が対象となる。治療選択肢が見つかっても、既存薬の適応外使用であることが少なくない。今回の臨床研究では、癌遺伝子パネル検査を受けた患者に対し、治療選択肢を提供することを目的としている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報