HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【湘南アイパーク】ベンチャー誘致を最優先‐藤本GM「23年までに200社以上入居へ」

2019年12月12日 (木)

藤本利夫氏

藤本利夫氏

 武田薬品など60社以上が集積している神奈川県藤沢市のオープンイノベーション拠点「湘南ヘルスイノベーションパーク」(湘南アイパーク)の藤本利夫ジェネラルマネジャーは、本紙の取材に「バイオベンチャーの誘致を最優先に進めたい」との方向性を強調した。有望なシーズを保有する大学やベンチャー企業を発掘・育成することを目的とした「インキュベーション事業」を立ち上げ、武田とジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が支援している。藤本氏は「2023年までに200社以上の入居企業を目指したい」と語った。

 湘南アイパークは武田の旧湘南研究所から形を変え、昨年4月に開所した。「再生医療」「未病」「認知症」「希少疾患」の4領域をターゲットに事業化を目指し、バイオベンチャーやアカデミア、企業が商品開発や事業活動などでパートナーシップを組んでいる。既に63社が入居している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報