HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】メトホルミンに発癌性物質‐NDMA混入、15社に分析指示

2019年12月13日 (金)

 厚生労働省は9日、ビグアナイド系経口血糖降下薬「メトホルミン塩酸塩」について、発癌性物質のN-ニトロソジメチルアミン(NDMA)が混入されていないか分析するよう求める事務連絡を、製薬企業15社に発出した。シンガポール保健科学庁(HSA)がメトホルミン含有製剤から微量のNDMAが検出され、一部事業者が自主回収に着手したと発表し、欧米規制当局も注意喚起を行っていることを受けた対応。NDMAの混入リスクの有無や分析結果が得られる時期のメドを27日までに報告するよう求めている。

 今回の事務連絡は、シンガポールのHSAがメトホルミン含有製剤からNDMAが検出され、一部事業者が自主回収に着手したと発表し、米国食品医薬品局(FDA)と欧州医薬品庁(EMA)も注意喚起を行っていることを受けたもの。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報