HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【がんセなどグループ】制吐療法に新たな標準療法‐オランザピン研究で有用性

2019年12月19日 (木)

橋本浩伸氏

橋本浩伸氏

 静岡がんセンターと国立がん研究センター中央病院を中心とした研究グループは、抗癌剤「シスプラチン」投与後の抗精神病薬「オランザピン」による制吐療法の有効性を検証する臨床研究「J-FORCE試験」により、悪心・嘔吐をの抑制する効果が示されたと発表した。病院薬剤師が試験計画に関与した研究で、悪心・嘔吐に加え、眠気やふらつきを抑制するエビデンスも得られたという。

 11日に都内で記者会見したがん研究センター中央病院の橋本浩伸副薬剤部長は、「シスプラチンを用いる化学療法において、国内外で新しい標準療法の一つになるのではないか」と期待感を示した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報