HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【第一三共】自社ADC、初の米承認‐HER2陽性乳癌適応で

2019年12月26日 (木)

 第一三共は、自社創製の抗HER2抗体薬物複合体(ADC)「エンハーツ」(一般名:トラスツズマブ・デルクステカン)について、3次治療以降のHER2陽性乳癌の適応で米国承認を取得した。来年1月中旬の販売開始を予定しており、同社が大型化を期待する抗癌剤で癌領域では3番目の承認品目となる。英アストラゼネカと共同で情報提供を行う。

 同剤は、抗HER2抗体「トラスツズマブ」にトポイソメラーゼ1阻害剤「デルクステカン」を結合させたADC。「転移性乳癌に対する治療として、二つ以上の抗HER2療法を受けたHER2陽性の手術不能・転移性乳癌」を適応症としている。10月に承認申請が受理されたばかりだが、その後わずか2カ月あまりでFDAから迅速承認を取得した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報