HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

地域薬局の在庫負担に理解‐西村大臣が上田視察

2020年01月20日 (月)

かかりつけ強化へ後押し

視察する西村康稔大臣(右)

視察する西村康稔大臣(右)

 西村康稔全世代型社会保障改革担当相は16日、面分業やかかりつけが定着している長野県の上田薬剤師会の取り組みを視察し、上田市のイイジマ薬局の訪問後、記者団の取材に応じた。西村氏は、「一つの医療機関からの処方箋集中率が低く、多くの医療機関に対応し、様々な相談に応じるための機能を強化しているが、多くの在庫を抱えなければならず、相当な負担になっている」との認識を示し、ITを活用した医薬品の在庫管理の効率化や処方箋の電子化などに言及。「かかりつけ機能のさらなる強化に向けた先進的な取り組みを後押しできるよう考えていきたい」と語った。

 西村氏はこの日、被災地訪問や地元経済界との懇談などを行った後、イイジマ薬局の取り組みを視察。薬剤師の飯島裕也氏から、調剤業務の一連の流れをはじめ、OTC薬も含めた医薬品に関する相談応需、医薬品の在庫管理方法などについて説明を受けた。厚生労働省からは、樽見英樹医薬・生活衛生局長も随行した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報