3月3日に専門コース「これからの医薬品開発はどこに向かうのか―グローバル開発の潮流に乗り遅れないために」 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団

2020年01月29日 (水)

 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団=3月3日に、専門コース「これからの医薬品開発はどこに向かうのか―グローバル開発の潮流に乗り遅れないために」を、東京渋谷の日本薬学会長井記念ホールで開く。

 日本の医薬品市場の成長率が鈍化し、マーケットとしての魅力が低下しつつあることから、かつての日米欧3極を中心とした医薬品開発の枠組みが大きく揺らいでいる。ICHの参加国と地域が拡大し、日本以外の国と地域がグローバル開発に積極的に参画するようになったことで、医薬品開発での日本の相対的立場の低下が危惧されている。

 こうした状況の中、外資系企業のみならず、内資系企業でもグローバルな視点で臨床開発を進めることが当然となっている。

 同研修会では、今後のグローバル開発の潮流、日本の進むべき方向について行政、医療機関、アカデミア、製薬企業の立場から講演が行われ、それぞれが果たすべき役割などが探られる。

 問い合わせは、同財団研修担当(TEL03-3400-5644)まで。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報