HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【持田製薬】重点領域に経営資源集中‐他社提携、積極的に活用

2020年02月04日 (火)

持田直幸社長

持田直幸社長

 持田製薬の持田直幸社長は1月29日、都内で開催した記者懇談会であいさつし、「昨年10月に続き4月にも薬価改定が行われるなど、業界全体は厳しい環境にある」と述べ、重点領域である循環器、産婦人科、皮膚科、精神科、消化器の主力品や新薬に経営資源を集中させる方向性を強調した。その上で、「パートナーとのアライアンスを積極的に活用し、グローバルにも認められるスペシャリティファーマを目指して活動していく」と意欲を示した。

 持田氏は、主力品に成長した抗うつ薬「レクサプロ」について、「田辺三菱製薬や吉富薬品との連携を通じて、抗うつ剤市場のナンバーワンを目指し、売上を拡大していきたい」と語った。潰瘍性大腸炎治療剤「リアルダ」は収益の柱として位置づけ5-ASA製剤のトップを目指すほか、慢性便秘症治療剤「グーフィス」「モビコール」で便秘薬市場で存在感を高め、消化器領域の強化を図る考えだ。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報