HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【NPhA調査】かかりつけ、6割が未届出‐健サポ研修者配置は進む

2020年03月03日 (火)

 日本保険薬局協会(NPhA)は、2019年度会員管理薬剤師アンケートの結果を公表した。それによると、かかりつけ薬剤師の届け出について、約6割が届け出ていないことが分かった。届け出ていない理由として、「当該保険薬局に1年以上在籍していること」の要件を挙げた回答が最も多かった。一方、6割強の薬局で健康サポート薬局の研修を修了した薬剤師を1人以上配置していることが判明。配置状況が進んでいる結果となった。

 調査は、NPhA会員薬局の管理薬剤師を対象に、1月7~24日に実施。3335薬局から回答を得た。主な調査結果を見ると、週32時間以上勤務する常勤薬剤師の中で、かかりつけ薬剤師を届け出ている割合は40.1%となり、約6割の常勤薬剤師が届け出ていなかった。理由は、「当該保険薬局に1年以上在籍していること」が59.5%で最多となり、「医療に係る地域活動の取り組みに参画していること」(40.5%)、「服薬指導が固定されてしまう等の運営上の問題」(39.5%)などが続いた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報