HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大日本住友製薬】木村氏「自社創薬で世界に対抗」‐精神神経領域の研究開発

2020年03月06日 (金)

 大日本住友製薬の木村徹常務執行役員は、3日に開催したR&D説明会で、重点とする精神神経領域の研究開発について「世界トップクラスにある」と述べ、自社創薬で世界大手に対抗する方針を語った。新規有効成分の開発パイプライン数は11化合物を保有し、「世界のビッグファーマに引けを取らない」と強調。若手研究者の発案によるプロジェクトや組織・プロジェクトの枠を超えた研究活動も始動させており、創薬生産性のさらなる向上を図る。

 エバリュエートファーマの調査によると、精神神経領域の世界売上シェアは、米ファイザー15%、米ジョンソン・エンド・ジョンソン10%、武田薬品7%と続く中、同社は4%の6位と健闘している。木村氏は「大きな会社ではないがこの領域で大きなプレゼンスを持っている」と述べた上で、「絶え間なく精神神経領域の研究開発を続けてきたことで、開発パイプライン数では世界トップクラスにある」との認識を示した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報