HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ノバルティスファーマ】ゾルゲンスマ、国内承認取得‐SMAの遺伝子治療用製品

2020年03月25日 (水)

 ノバルティスファーマは、脊髄性筋萎縮症(SMA)に対する遺伝子治療用製品「ゾルゲンスマ点滴静注」(一般名:オナセムノゲンアベパルボベク)の国内承認を取得した。同製品は、SMAの根本原因である遺伝子の機能欠損を補うものであり、1回の点滴静注で治療が完了する。

 ゾルゲンスマは、SMAの原因遺伝子であるヒト運動神経細胞生存蛋白質をコードする遺伝子を組み込んだ、野生型のアデノ随伴ウイルス9型(AAV9)を利用した遺伝子治療用ベクター製品。静脈内投与により、SMAの根本原因であるSMN1遺伝子の機能欠損を補って、運動ニューロンでSMN蛋白質を発現させる。これにより、運動ニューロンの変性・消失を防ぎ、神経・筋肉の機能を高めて筋萎縮を防ぐ。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報