HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【19年度薬学教育評価】国際医福大の総合判定保留‐入学選抜を問題視、留年多く

2020年04月13日 (月)

 薬学教育評価機構は、2019年度の6年制薬学教育評価を専門分野別に行った結果をまとめた。昨年度の対象となった医療創生大学、熊本大学、城西大学、城西国際大学、東北大学、徳島文理大学香川薬学部、富山大学、広島国際大学、福岡大学、松山大学、名城大学、横浜薬科大学、国際医療福祉大学の13校のうち、12大学は評価基準に適合と認定されたが、国際医療福祉大は評価基準の中項目5項目に重大な問題点が認められるとして、総合判定を保留した。ただ、国際医療福祉大は評価結果に異議申立をしており、現在審査中となっている。認定期間は27年3月31日まで。

大学側は結果に異議申立

 今回、総合判定が保留となった国際医療福祉大の評価で、重大な問題点が認められると判定されたのは、▽カリキュラム編成▽医療人教育の基本的内容▽学生の受入▽教員組織・職員組織▽自己点検・評価――の5項目。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報