【新製品】コロナ検出試薬を発売‐15分で検出可能 杏林製薬

2020年04月27日 (月)

 杏林製薬は24日、マイクロ流路型遺伝子定量装置「ジーンソック」を用いた新型コロナウイルス検出試薬「SARS-CoV-2 GeneSoCER杏林」を新発売した。新型コロナウイルスを15分程度で検出することが可能となる。

 同試薬は、産業技術総合研究所と共同で開発し、昨年11月に上市したジーンソックを用いることで、新型コロナウイルスの検出に15分、前処理時間を含めると約45分で検査結果を得られる。従来のPCR検査は、検体が検査センターに運ばれる工程も含めて、結果が判明するまで数日かかっていたが、検査を受けたその場で検査結果が得られる。少量の検体を迅速に診断することに適している。

 生産体制については、1カ月に装置100台、試薬数万テストの供給を見込む。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報