HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【サラヤ/大阪大学】手指消毒剤の効果実証へ‐新型コロナで共同研究開始

2020年06月01日 (月)

 サラヤは、新型コロナウイルスを用いて自社のアルコール手指消毒剤の効果を実証する共同研究を、大阪大学微生物病研究所と開始した。アルコール製剤には、科学的な見地から手指や環境中の新型コロナウイルスを消毒する効果があると言えるが、実物のウイルスで効果を実証することにより、ユーザーの安心感を高めたい考え。汚れが存在するなど実使用環境に近い国際基準の条件で効果を検証する。まず半年間で手指消毒剤など9品目の評価を実施し、年内の結果公開を目指す。

 新型コロナウイルスは消毒剤への感受性が高く、手指や環境に存在するウイルスの消毒には、現在アルコール製剤が広く用いられている。類似構造を持つウイルスに対するアルコール製剤の消毒効果は実証されており、科学的には新型コロナウイルスにも同等の効果を示すと言える。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報