HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本調剤】高度DI基盤の運用開始‐標準フォーミュラリー提供

2020年06月02日 (火)

 日本調剤は、医療機関の医薬品情報(DI)の収集と評価を一元管理することで、標準化と効率化を支援する国内初の高度DIウェブプラットフォーム「FINDAT(ファインダット)」を開発し、1日から運用を開始した。国内外の各種ガイドラインやグローバルで信頼性の高い有料の二次情報データベースなどから網羅的に集めた医薬品情報を中立的に評価。標準フォーミュラリーなど、実務に役立つ医薬品情報を提供し、標準薬物治療を推進するためのフォーミュラリーマネジメントなどの資料作成に役立ててもらいたい考え。

 医薬品情報については、多岐にわたる情報提供が求められているが、医療機関では情報源へのアクセスが問題であったり、人手不足で高度な情報提供ができない状況も見られる。こうした中で同社は、患者のための中立的な医薬品情報の提供が必要と判断。情報提供のための収集と評価を一元化、効率化するため、「FINDAT」を設立することにした。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報