HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大日本住友製薬】ラツーダの特許無効主張‐米スレイバックが申し立て

2020年06月25日 (木)

 大日本住友製薬は22日、米国における非定型抗精神病薬「」の用途特許は無効として、米スレイバックファーマから米国特許商標庁(USPTO)に対して当事者系レビュー(IPR)の申し立てがあったと発表した。大日本住友は「特許は有効と確信しており、業績見通しに重要な影響があるとは考えていない」としている。

 IPRは、申立者がUSPTOに特許の無効申立てを行い、特許権者との当事者間で特許の有効性を争う制度。申立書の正式受理から半年以内に米国特許公判審判部による審理を開始するかどうかが決まり、審理が開始された場合には1年以内に最終決定が下される。不服な場合は決定取り消しを求めて控訴でき、最終的な解決には数年かかる場合がある。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報