HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】消化器など5領域に注力‐国内事業、31製品承認目指す

2020年07月16日 (木)

 武田薬品は10日、国内の事業運営について消化器疾患や希少疾患、癌など五つの領域に注力し、2024年度までに八つの新規化合物、九つのグローバルブランドを含めた31製品の承認を目指す計画を発表した。製品ポートフィリオの転換を加速させ、MRによる情報提供体制もパイプラインの進捗状況に応じて柔軟に人材配置を行うほか、成果に基づく人事評価制度も推進する。

 同社の国内事業はグローバル戦略に沿って、消化器疾患、希少疾患、血液分画製剤、癌、ニューロサイエンスの五つの領域に絞った医薬品事業にリソースを集中させる。24年までに想定する31製品の承認のうち、癌領域で13製品、血漿分画製剤で4製品の承認を取得する可能性があるとしている。連結子会社化したシャイアー製品は10製品の承認取得を目指している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報