HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

高病原性鳥インフルエンザウイルスワクチンの治験に着手‐米バクスター

2006年7月19日 (水)

 米バクスターは今月に入って、新型インフルエンザH5N1型に対するワクチンの治験に着手した。安全性と免疫原性に関する臨床データは今秋にも得られる見通しだという。日本での実施は検討中で、今回の試験結果を踏まえて判断するとしている。

 治験は、オーストリア、シンガポールの健康な成人数百人規模で行うもの。完全に不活化された野生型H5N1A株/ベトナム/1203/2004を用い、抗原として3.75030μgまでの四つの濃度について、アジュバントミョウバンを添加したものと、しないものに分けて投与する。

 同ワクチンは、同社独自技術のヴェロ細胞技術を用いてインフルエンザウイルスを大量培養し製造するもので、有胚卵を用いる従来の製造法に比べ迅速に製造できる可能性があるとしている。既に、チェコ共和国のボミフルにある細胞培養ワクチン製造施設で、生産する許可を取得しているという。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録