HOME > 無季言 ∨ 

自由な発想で

2020年10月14日 (水)

◆日本薬剤師会学術大会のポスター発表で「夢の薬」について中学生にアンケート調査を実施した結果が掲載されていた。「頭がよくなる薬」「どんな病気でも治せる薬」などの回答が多かった
◆夢の薬と言えば、以前、生命環境科学研究科の大学教授から「学生には発想をジャンプさせて研究テーマを選んでほしい」との声を聞いた。物理学の知見をいち早く癌治療に応用した事例を挙げ、学問の枠にとらわれず自由に研究してほしいと訴えていた
◆大人になると夢だけでは物事は成り立たない。その教授自身も民主党政権の事業仕分けで研究費がなくなりそうになったり、大学の周辺住民から研究棟新築への反対運動を受けるなど、真理探究以外の利害関係の調整に苦労したようだ
◆振り返ると、学生の頃は社会通念に縛られない自由な発想で夢を語っていた。社会に出ると無難だけれども響かない行動を取りがちになる。目の前の現実への対応で手いっぱいだが、それだけでは生きづらい。生きていくためには夢やロマンが必要だ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報