HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】後発品全品目が規格適合‐19年度品質検査、バイオ後続品も初対象に

2020年10月22日 (木)

 厚生労働省は19日、後発品の品質検査を実施する2019年度「後発品品質確保対策事業」の検査結果を公表した。49成分834品目を対象に、溶出試験と定量・力価試験を行った結果、全成分全品目が規格に適合していると評価。サンノーバの「アズレン・グルタミン配合細粒『EMEC』」が都道府県の溶出試験で規格値を下回ったものの、製造販売業者の再検査で規格に適合していることが確認されたことなどを考慮した。

 今回の後発品の品質検査は、国立医薬品食品衛生研究所、国立感染症研究所、42都道府県、関係業界の協力を得て、昨年7月から今年3月まで実施した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報