HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省検討会】卒後研修の法制化求める声‐臨床現場負担増に懸念も

2020年10月23日 (金)

厚労省検討会

 厚生労働省の「薬剤師の養成および資質向上等に関する検討会」は21日、薬剤師の卒後研修のあり方について議論し、現在は法的位置づけがない卒後研修の法制化を求める声が複数の委員から挙がった。一方で、臨床現場の負担増を懸念し、大学での教育内容も見直すべきなどの意見も出た。

 この日の検討会では、課題となっていた卒後研修のあり方を議論するため、山田清文参考人(名古屋大学病院薬剤部長)が出席し、厚生労働行政推進調査事業として2019年度から3年間の期間で進めている「薬剤師の卒後研修カリキュラムの調査研究」の一部調査結果を発表した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報