HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】一般用医薬品リスク分類の追加・変更を告示

2008年10月10日 (金)

 厚生労働省は8日、来年度から一般用医薬品の販売制度が見直されることに伴い、リスク分類の追加・変更を告示し、厚労省医薬食品局安全対策課長名で都道府県に通知した。

 第一類医薬品はテルビナフィン、プラノプロフェンが削除され、第二類医薬品に移動した。第二類医薬品からはグリセリンモノグアヤコールエーテル、セキサノールが削除され、テルビナフィン、プラノプロフェンのほかオキシテトラサイクリン、臭化ナトリウム、テトラサイクリン、ヘパリンナトリウム、ポリミキシンBが追加された。第三類医薬品では、シーサップ、セアプローゼ、ヒドロキソコバラミン、ペクチンが削除された。給水軟膏、親水軟膏、単軟膏、ドミフェン臭化物、白色軟膏、マクロゴール軟膏が追加された。

 生薬と動植物成分では、カラセンキュウ、コロハ、センボウの外用剤など12成分を追加。6成分の外用剤については、外用剤以外は第二類となっている。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録