HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【九州保健福祉大薬学部】代表8疾患の動画公開‐患者ロボットで病態再現

2020年10月29日 (木)

患者ロボットに薬を投与する場面

患者ロボットに薬を投与する場面

 九州保健福祉大学薬学部臨床薬学シミュレーション研究室(徳永仁教授)は、薬学生が実務実習で学ぶことが求められている代表的な8疾患について、患者ロボットを使用して病態や薬物療法の効果などを再現した動画を制作した。同研究室のウェブサイトを介してユーチューブで公開している。動画教材を、薬学生の学内実習や反復学習、薬剤師のスキルアップなどに活用してもらいたい考えだ。

 8疾患9症例について1本当たり4分前後の動画を制作した。慢性骨髄性白血病、本態性高血圧症、高血糖、低血糖、うっ血性心不全、脳内出血、てんかん、アナフィラキシーショック、尿路感染症の症例モデルを設定。様々なバイタルサインを表現できる患者ロボットで各疾患の病態を再現し、インストラクターが患者ロボットで聴診音を確認する場面や、薬剤投与時のバイタルモニター画面の数値変化などを動画で表している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報