HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【あすか製薬】山口社長、子宮筋腫市場「拡大の余地」‐レルミナ浸透へ患者発掘

2020年11月26日 (木)

 あすか製薬の山口隆社長は18日、ウェブ上で開いた決算説明会で、昨年発売した子宮筋腫治療剤「レルミナ」について、3月の処方日数制限解除後に売上が拡大していることに言及。「子宮筋腫市場はかなりの市場があり、拡大の余地がある」と見通しを述べ、潜在患者の掘り起こしに注力していく考えを示した。

 同社は、産婦人科領域を重点領域の一つに位置づけており、昨年には新製品「レルミナ」を発売。3月に処方日数制限が解除されたことを受け、売上が拡大傾向にある。10月には、1カ月の売上高が6億5000万円と大幅に伸長。リュープロレリンからの切り替えも加速している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報