鎮咳去痰薬「ミルコデ錠A」、テオフィリンを最大量配合 佐藤製薬

2008年10月29日 (水)

 佐藤製薬は、つらい咳、痰、喘息の症状を改善する第1類医薬品の鎮咳去痰薬「ミルコデ錠A」を20日に新発売した。テオフィリンを配合し、1日2錠で効果を発揮する。同社は、専門性の高いミルコデ錠Aを提供することにより、他社との差別化を図っていく考えだ。

 ミルコデ錠Aは、痰のからむ咳や、呼吸のたびに“ゼーゼー、ヒューヒュー”と音をたてるような喘息性の咳で困っている人に、推奨できる製品として開発した。テオフィリンをOTC医薬品として最大量の300mgと、dL‐メチルエフェドリン塩酸塩を配合することにより、収縮した気管支を広げて気道を確保し、痰を出しやすくする。さらに、痰を薄めて出しやすくするキキョウ、カンゾウ、セネガという3種類の生薬も配合した。

 サトウの鎮咳去痰薬には、塩酸ブロムヘキシンとL‐カルボシステインを配合した痰が気になる人向けの「ストナ去たんカプセル」、リン酸ジヒドロコデインを配合し、かぜの咳に効く「トニン咳止錠・液」がある。今回、胸が圧迫されるように息苦しく、呼吸がしにくい症状に効果を表すミルコデ錠Aを加えることで、顧客ニーズに合わせたラインナップとターゲット層の拡充を図っていく。

 税込み価格は、24錠入り1029円。48錠入り1785円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録