HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【産学官連携シンポジウム】医療機関の手技料評価を‐再生医療等製品普及に課題

2021年01月22日 (金)

 ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)や日本再生医療学会など3団体が19日にオンライン上で開催した「再生医療産学官連携シンポジウム」で製薬企業の担当者は、再生医療等製品を取り扱う医療機関の手技料として、十分な診療報酬の算定を求めた。再生医療を実施する上で、医療機関には専門的で複雑な技術が求められるが、多くの場合技術に見合う診療報酬がついておらず、必要な費用を賄えないケースもある。担当者は、適切な手技料の議論が産官学で進むよう提起した。

 弦巻好恵氏(ノバルティスファーマオンコロジー事業本部細胞遺伝子治療事業部)は、再生医療の普及に向けた課題として、医療機関に対する診療報酬が不足していると指摘した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報