3月10日にレギュラトリーサイエンスエキスパート研修会専門コースをウェビナーで開催 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団

2021年02月24日 (水)

 =レギュラトリーサイエンスエキスパート研修会専門コース「(RWD)の利活用と課題―基本編:産官学での取り組み」が3月10日、Zoomを利用したウェビナーによって開催される。

 2018年にGPSP省令が改正され、製造販売後調査の一つにデータベース調査が追加され、同時期に臨床研究法が施行され、医師主導の介入研究の実施に関する基準が厳格化された。

 これら環境変化の結果、日本の製薬企業でも観察研究の重要性が高まり、観察研究の担当者を増やして実施体制を整備する企業が増えている。観察研究は、日本で急速に発展、進化している分野となっている。

 こうした中、今回のウェビナーでは、RWD/RWE(リアルワールドエビデンス)に関して、産官学の立場から最新の知見が示され、現状の課題や今後の展望について幅広く学ぶと共に、共有できる研修が企画された。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報