HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【医薬品第一部会】「ベリキューボ」が継続審議‐位置づけの整理必要と判断

2021年03月02日 (火)

 薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会は2月25日、JCRファーマのムコ多糖症II型治療剤「イズカーゴ点滴静注用」(一般名:パビナフスプアルファ)など6件の製造販売承認と3件の一部変更承認を審議し、了承した。ただ、バイエル薬品の慢性心不全治療剤「ベリキューボ錠」については、同剤の位置づけや使用に関する情報提供方法などを整理する必要があると判断し、継続審議となった。

審議品目

 ▽イズカーゴ点滴静注用10mg(JCRファーマ):新有効成分のパビナフスプアルファ(遺伝子組み換え)を含有し、ムコ多糖症II型を効能・効果とする。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報