HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ファイザー】ワクチン保管温度を緩和‐コミナティの添付文書改訂

2021年03月05日 (金)

 米ファイザーは1日、新型コロナウイルス感染症ワクチン「コミナティ筋注」(一般名:コロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン)の日本における添付文書を改訂し、マイナス25~マイナス15℃で最長14日間保存できるようにした。ワクチンの輸送、保管により柔軟性を持たせる狙い。

 今回の改訂では、添付文書の「薬剤調製時の注意」の項目に、新たに「保存方法」を追記した。具体的には、マイナス90~マイナス60℃からマイナス25~マイナス15℃に移し、最長14日間保存できるとした。また、1回に限り、再度マイナス90~マイナス60℃に戻して保存できるとし、いずれの場合も有効期間内に使用するよう求めている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報