HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【理研/NIH】オーダーメイド医療で喘息など新たに5研究を開始

2008年11月17日 (月)

 理化学研究所と米国国立衛生研究所(NIH)は、4月に「国際薬理遺伝学研究連合:GAP」を創設し、遺伝的要因による薬物の効果・副作用の違いを明らかにする研究を推進しているが、遺伝的要因に基づいた喘息治療薬の応用など、新たに5件の共同研究を追加することを発表した。

 GAPでは、理化研・ゲノム医科学研究センターとNIH薬理遺伝学研究ネットワーク双方の研究能力・資源を有効活用し、4月の創設時には、共同研究の第1弾として、乳癌治療薬の応答性と遺伝子要因に関する研究など、5件の共同研究を始めている。

 今回、新たにテーマとして追加されたのは、[1]遺伝的要因と喘息治療薬の応答性との関係[2]遺伝的要因と乳癌予防薬の予防効果との関係[3]遺伝的要因と乳癌治療薬(再発防止薬)との関係[4]遺伝的要因と抗うつ剤の有効性との関係[5]遺伝的要因と前立腺癌治療薬の副作用との関係‐‐に関する研究。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録