HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【第一三共】ワクチン製剤化を開始‐国内でアストラゼネカ製

2021年03月16日 (火)

 第一三共は12日、アストラゼネカ(AZ)が承認申請中の新型コロナウイルスワクチン「AZD1222」について、国内での製剤化を開始したと発表した。製剤化は製造子会社の第一三共バイオテックを通じて、国の事業で整備した設備を使って実施する。

 新型コロナウイルス感染症ワクチンについては、AZが国内で製造する方針を示しており、第一三共、KMバイオロジクスと製剤化に関する業務委受託契約を締結している。この契約に基づき、第一三共はAZから提供された原液を用いて、バイアル充填や包装などを担う。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報