HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】30年に新興国売上1兆円‐国際製品牽引で二桁成長

2021年03月16日 (火)

 武田薬品は11日、電話会議で行った事業説明会で、主要な5疾患領域のグローバル14製品をドライバーに二桁成長し、2030年度までに新興国の売上高1兆円を目指す方針を明らかにした。25年までに希少疾患領域の36製品以上を投入するほか、中国市場では20%の高成長を計画。ブラジルやインドなどにデング熱ワクチンも投入し、19年度比倍増となる1兆円を達成したい考えだ。

 グロース&エマージングマーケッツ(GEM)ビジネスユニットプレジデントのリカルド・マレック氏は、武田の新興国戦略について、シャイアー買収以降、主要な事業領域を血漿分画製剤、希少疾患、消化器系疾患、オンコロジー、ニューロサイエンスに焦点を当てる一方、それに合わせた約20億ドルのノンコア事業の売却を進めてきたことを説明した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報