HOME > 企画 ∨ 

【日本薬学会第141年会】大学院生・学部生シンポジウム‐核酸医薬・遺伝子治療薬創出に向けたDDS技術開発~体内動態・細胞内動態制御から治療応用まで~

2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要

オーガナイザー
 木村誠悟(北大院薬)
 加藤直也(長崎大院医歯薬)

 核酸医薬・遺伝子治療薬は、iPS細胞をはじめとする再生医療や3Dプリンタ創薬など医薬品の概念が急速に拡張する近年、低分子医薬・抗体医薬に次ぐ革新的医薬品として期待されている。

 既にスピンラザ、オンパットロ、コラテジェンなどが承認されており、今日では新型コロナウイルス感染症に対するワクチンとしてmRNA医薬が市場に出回り始めている。

 しかし、これらの製剤はいずれも、核酸および遺伝子単体では動態制御が困難であったという課題を解決するDDS技術を基盤として開発されたものである。

 本シンポジウムでは、次世代の革新的医薬品としてこれら治療薬に続いて創出するために基盤となる脂質ナノ粒子、高分子ミセル、コンジュゲート等の種々の核酸・遺伝子送達に向けた今後を担う新たなDDS技術がいかにして生体内障壁を克服し、治療へと応用されるのかを紹介すると共に、今後のDDS製剤開発に関する将来展望について議論したい。

 (木村誠悟、加藤直也




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報