HOME > 企画 ∨ 

【日本薬学会第141年会】バイオ創薬の基盤強化に向けた製造・品質管理の技術革新と国際貢献

2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要

オーガナイザー
 豊島聰(バイオロジクス研究トレセン)
 石井明子(国衛研)

 抗体医薬品をはじめとするバイオ医薬品は、癌や自己免疫疾患の治療薬として疾病治療に不可欠な存在となっている。この1年あまり社会が翻弄されてきた新型コロナウイルス感染症に対しても、有望な中和抗体等の開発が報告され、早期の実用化に期待がかかるところである。

 しかし、開発が先行する多くの製品は海外で開発・製造されていることから、早期からの安定的な供給を実現し、国際的にも貢献していくため、医薬品製造の国内基盤整備が求められている。

 本シンポジウムでは、バイオ創薬の基盤強化に向けた国内の最新動向として、AMED次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業「バイオ医薬品の高度製造技術の開発」研究班での成果を中心に、連続生産等の新しい製造技術開発とそれを支える分析技術やレギュラトリーサイエンス、さらにバイオ医薬品製造・品質管理に関する国内での技術開発や人材育成に関わる特色のある活動について紹介し、日本から海外への貢献を含め、今後の方向性を議論したい。

 (石井明子




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報