HOME > 企画 ∨ 

【日本薬学会第141年会】薬学における生命指向型化学‐機能性分子を基軸とした生命現象の可視化・解明

2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要

オーガナイザー
 花岡健二郎(東大院薬)
 築地真也(名工大院工)

 生命現象の解析や疾病メカニズムの解明において、特殊な機能を持つ分子を用いることで、これまでにはできなかった生命現象の可視化や機能発現および制御が可能になっている。

 このような特殊な機能を持つ分子は、その分子構造を精密に分子設計することで生体内において多様な機能を発揮でき、かつ個々の目的に合わせた分子を自由自在に作製することが可能である。そのため、これら化学的手法のニーズは年々大きく高まっている。

 本シンポジウムでは、機能性分子を基軸として生命現象の可視化・解明に取り組む新進気鋭の中堅・若手研究者をシンポジストとして一堂に集め、最先端の技術や成果を紹介すると共に、将来展望について議論する内容を企画した。

 具体的には、脂質ラジカル解析手法、蛋白質ノックダウン手法、機能性DNAによる受容体制御、近接細胞蛍光標識技術、人工蛋白質コンデンセートによる細胞機能制御、生命現象の可視化蛍光プローブに関して紹介する。

 (花岡健二郎




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報