HOME > 企画 ∨ 

【日本薬学会第141年会】COVID-19対応における薬剤師の役割を考える‐大学・病院・薬局の現場に向けて

2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要

オーガナイザー
 塩田有史(愛知医大病院感染制御部/薬剤部)
 松元加奈(同志社女子大薬)

 昨今、新型コロナウイルス感染症(COVID‒19)のパンデミックにおいて、大学、、調剤薬局などの教育や医療の現場での対応は多岐にわたっている。その中で薬剤師においても、医療現場では様々な役割を担い、他の医療従事者と共に患者を支えていくことが強く求められている。

 しかし、未だ未知の部分が多いCOVID‒19に対する対応は困難を極める事項が多々存在する。

 そこで、COVID‒19対応における薬剤師の役割の明確化に迫るため、本シンポジウムを企画した。病院、、大学の感染対策および薬物治療について薬剤師、薬学部教員から最新のエビデンス、アウトカム、研究、教育(実務実習を含む)に触れながら解説する。

 加えて、感染症領域に精通した医師からは、COVID‒19の診断・治療・感染対策の全般について施設内でのマネジメントにも触れながら解説が行われる。

 (塩田有史




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報