HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【国循、明治安田生命など】循環器疾患予防で共同研究‐啓発ツールや保険商品開発へ

2021年04月06日 (火)

右から3人目が小川理事長、2人目が根岸社長

右から3人目が小川理事長、2人目が根岸社長

 国立循環器病研究センターと明治安田生命、明治安田総合研究所は、循環器疾患の予防や治療に関する知見集約、生命保険の引き受け範囲の拡大を目的とした包括的協定と共同研究契約を締結した。研究期間は今月~来年3月までで、人材交流や情報共有を通じ、循環器疾患の予防や正しい知識の啓発活動を行う。同センターと共同研究契約の締結は、金融機関として初の事例となる。

 同センターは、2019年にオープンイノベーションセンターを設立し、産学連携に注力している。併設するラボには、医療関連企業やIT企業などが入居。今回の契約によって、明治安田総合研究所も入居する。また、明治安田生命グループは、健康増進を応援する「みんなの健活プロジェクト」を展開し、疾患予防や早期発見を推進している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報