HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【調査】コロナ候補薬がネット流通‐7品目で広告、品質懸念も

2021年04月12日 (月)

金沢大・木村氏ら調査

 インターネットにおける新型コロナウイルス感染症治療薬の国内流通実態を調べたところ、治療薬候補に挙がっている複数の医薬品が新型コロナウイルス感染症治療薬として販売されていたことが、金沢大学の木村和子特任教授、吉田直子助教らの研究で明らかになった。そのうち7品目では、新型コロナウイルス感染症治療薬としての広告が行われていた。木村氏は「低品質医薬品、偽造医薬品の混在も憂慮され、消費者が安易に個人輸入を行わないよう注意喚起する必要がある」と警鐘を鳴らしている。

 調査は、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補に挙がっている医薬品について、2020年4月1日~今年3月1日の期間に、成分名、商品名、個人輸入をキーワードに、検索エンジン「グーグルジャパン」を活用して情報収集したもの。調査時点で、国内で承認されているのは、抗ウイルス剤「レムデシビル」と抗炎症剤「デキサメタゾン」の2剤である。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報