HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省検討会】入学定員抑制「検討すべき」‐国試合格者数減には慎重

2021年06月07日 (月)

取りまとめ骨子案示す

取りまとめ骨子案示す

 厚生労働省は4日、「薬剤師の養成および資質向上等に関する検討会」に取りまとめ骨子案を示した。将来的に薬剤師数が過剰になるとの需給調査結果を踏まえ、大学薬学部の入学定員抑制については検討すべきとした一方、薬剤師国家試験の合格者数引き下げは「慎重な検討が必要」と踏み込まなかった。臨床実践能力を持った薬剤師を育成するため、国家試験の見直しにも言及。必須問題などの基礎知識分野を軽減し、臨床に関する問題を増やすよう提案した。

 骨子案では、検討会での議論内容を踏まえ、薬剤師の養成、薬剤師業務と資質向上に関する提言を盛り込んだ。

 薬剤師の養成を見ると、将来的に薬剤師が過剰になると予想した需給推計結果を踏まえ、「薬学部の入学定員を抑制する必要性を検討すべき」と明記。その際は、大学だけでなく薬剤師会、国公私立大の関係団体でも検討することが必要とした。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報