HOME > 無季言 ∨ 

「良い検査」とは

2021年06月11日 (金)

◆新型コロナウイルスに関する検査で、テレビなどの報道では「精度」が高いとして、良い検査方法であるかのような印象を与えようとするが、本当にそうなのだろうか。40年ほど前、病院の臨床検査部を取材した時のことを思い出す。取材先の臨床検査技師は「精度と感度、特異度は異なる」と強調していた
◆「精度が高い」とは「再現性が高い」こと。同じ検体を何回測定しても検査値のバラツキが小さく、同じ値が出るということだ。「感度」は陽性者の中で何%が陽性になるか、感度100%であれば陽性者は全員陽性となる。「特異度」は陰性者の中で何%が陰性になるか、特異度100%であれば陰性者全員が陰性となる
◆検査とは、精度・感度・特異度の三つを総合的に考えて、良いか悪いか判断すべきで、精度が高いから良い検査というわけではない
◆さらに、検体採取方法が適切でなければならない。PCR検査にしても抗原検査にしても同様だ。唾液を検体とする場合、採取前に食事や歯磨き、うがいなどをしないことが大切である。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報