HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【FIRM】畠会長、遺伝子治療の推進が課題‐開発環境整備などに意欲

2021年07月15日 (木)

畠会長

 再生医療イノベーションフォーラム(FIRM)の畠賢一郎代表理事会長は9日、都内で記者会見し、遺伝子治療の開発品目について「日本はまだ進める余地がある」と課題を指摘。FIRMとして、遺伝子治療製品の研究開発環境、製造の環境整備が必要との考えを述べ、遺伝子治療と海外連携を推進していく方針を示した。

 国内では、承認された再生医療等製品が13製品まで増えてきており、最近では癌治療用ウイルス「デリタクト」とヒト口腔粘膜由来上皮細胞シート「オキュラル」が承認された。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報