HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省/08年人口動態推計】癌死亡が34万人超に‐人口は過去最大の減少

2009年1月8日 (木)

関連検索: 人口動態

 厚生労働省が公表した「2008年人口動態統計の年間推計」では、癌による死亡者は前年より6532人増え、34万3000人と過去最高になった。

 癌が脳卒中を抜いて、日本人の死亡原因のトップになったのは1981年のことで、それ以来増加傾向が続いている。2位は心疾患で18万4000人(前年より8461人増)、3位は脳血管疾患で12万6000人(1041人減)と推計している。

 一方、出生数から死亡数を差し引いた人口の「自然増加数」は、出生数が109万2000人と07年の確定値に比べ2000人増えたが、死亡数が3万5000人増の114万3000人と、戦後最高を更新。差し引き5万1000人減となり、過去最大のマイナス幅になると推計している。

 死亡数が増加した主要因は、高齢化の進展によるもので、人口の減少は2年連続。出生数の微増は、08年が1日多い閏年だったことが影響したという。ただ、出産期の女性人口は減っており、厚労省は「本格的な人口減少社会に突入した」と分析している。

関連リンク
関連検索: 人口動態



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録