HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【医政局22年度概算要求】安定供給支援に10億円‐供給不足時の情報提供検討

2021年09月01日 (水)

 厚生労働省医政局の2022年度予算概算要求は、前年度比5.5%増の2362億2400万円を計上した。新たな成長推進枠として267億7300万円を充てており、新型コロナウイルス感染症対応で医薬品安定供給支援事業に10億円を新たに盛り込み、クリニカルイノベーション・ネットワーク(CIN)構想の推進には37億円と増額を要求した。

 新型コロナウイルス感染症への対応を踏まえ、医療現場で汎用され、必要不可欠な医薬品が感染症パンデミック発生時や製造・輸出停止時に安定的に確保されるよう国内製造所の整備を推進すると明記。新規事業として医薬品安定供給支援事業に10億0500万円を計上した。抗菌薬など国外依存度の高い原薬・原料等について国内製造所の新設や設備更新、備蓄の積み増しなどを支援し、国内における医薬品の安定供給体制を強化する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報