HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大木ヘルスケアHD】問題解決型製品を提案‐コロナで商品開発に変化

2021年09月06日 (月)

 大木ヘルスケアホールディングスの松井秀正社長は、DMS(ドラッグストアMD研究会)定例会上半期政策セミナーで、「新型コロナ禍における商品開発の変化」をテーマに講演した。その中で、コロナ後の商品開発について、「これから起こる社会問題の解決を、われわれ民間が行わなくてはならない」とし、問題解決型製品を開発する必要性を強調した。

 松井氏は、「民間企業が将来起こる社会問題の解決策を準備しなくてはならないということが、明確に目の前に現れたのがコロナ禍だ」と指摘。コロナ後における商品開発の変化という面で、問題解決型製品の開発を提案した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報