HOME > 無季言 ∨ 

発言しやすい雰囲気づくりを

2021年09月08日 (水)

◆学会のシンポジウムで講演が終わった時に、座長から「何かご質問ございますか」という呼びかけがあって、少しの間の沈黙を経て「なければ私から一つ」。こんなシーンをよく見かける
◆参加者の中には決心がつかないまま質問するタイミングを逃してしまった人もいるのではないか。シンポジウムには気の利いた質問をしないといけないと気負わせてしまう緊張感があるのではないか
◆先日、ウェブ上で開かれたある学会のシンポジウムを聞いた。講演の最中に別の演者がチャットでコメントを投稿してまた別の演者がチャットで応える。「おっしゃる通り」など賛同や共感の意を示すだけのコメントも多くあり、和気あいあいとした雰囲気だ。参加者からの投稿も目立った。質問やコメントのハードルが下がったことで参加者に気負いがなくなったように感じた
◆シンポジウムの目的の一つは議論の活発化。参加者から質問やコメントがないのはもったいないと思う。迷っている人に気負わせすぎない雰囲気を会場全体で協力してつくりあげてほしい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

無季言 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報